太陽光発電のことなら
ヒューマンリンクへ。

まずはお気軽にご相談ください。

■お電話でのお問い合わせ
0120-495-117
電話受付時間は平日10:00~18:00

■ホームページからお問い合わせ

なぜ今太陽光発電か

エネルギー問題解決の手段としての太陽光発電

太陽光発電システムとは、太陽の光の中に含まれているエネルギーを電気に変換するしくみのことです。
太陽の中に含まれるエネルギーは1㎡あたり約1kWです。もし、地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを100%電気に変換できたとしたら、世界の年間消費エネルギーをわずか1時間でまかなうことがでできるほど、太陽のエネルギーというのは巨大です。
現在、エネルギーとして石油や石炭などの化石燃料が多く使われていますが、これらはいずれ枯渇してしまうものです。このような枯渇の問題がある中で、太陽のエネルギーは無尽蔵のエネルギーであることから、現在エネルギー問題の解決の手段として太陽光発電が注目が集まっています。
whysolar01

環境問題解決の手段としての太陽光発電

近年、環境問題が深刻になってきています。
20世紀の100年の間に、地球の平均気温は0.74℃上昇しました。0.74℃と言うと、たいしたことがないように思えますが、海面の水位でいうと17cm上昇してしまったのです。なぜ、これほど海面が上昇してしまったかというと、北極圏の気温上昇の影響が大きいと言われています。北極圏は他のエリアと比べて気温上昇の影響を受けやすく、そこにある氷が急激に解け出してしまったため、海面が異常に上昇したと言われています。
北極圏の氷が減少すると、生態系には大きな影響を及ぼします。例えば、北極圏に生息するホッキョクグマです。現在、ホッキョクグマは北極圏の氷が解けて住みかが失われると共に、エサとしているアザラシが獲れなくなっていることから絶滅の危機にさらされています。
専門家の予測によると、地球の平均気温は今後100年の間に最大6.4℃上昇すると言われています。わずか0.74℃上昇しただけでも大変な変化が表れているというのに、6.4℃上昇してしまったら、地球はいったらどうなってしまうのでしょうか。
地球温暖化によって二酸化炭素の濃度が上昇すると、海の中のサンゴやプランクトンなども死滅すると言われています。これは、海に溶け込む二酸化炭素の量が増え、海水が酸性化するからです。最近では、猛暑や豪雨といった異常気象も世界各地で発生しており、温暖化による影響はますます深刻になっています。
このような状況の中、二酸化炭素を排出しない太陽光発電はクリーンなエネルギーとして、環境問題解決の手段として注目を集めています。
whysolar02