太陽光発電のことなら
ヒューマンリンクへ。

まずはお気軽にご相談ください。

■お電話でのお問い合わせ
0120-495-117
電話受付時間は平日10:00~18:00

■ホームページからお問い合わせ

住宅用 太陽光発電

住宅用太陽光発電システムのしくみ

住宅用太陽光発電システムとは、お家の屋根に設置する太陽光発電システムのことです。
お家に太陽光発電システムを設置すると、お家が自家発電所になります。
housingsolar01_a
パネルに太陽の光が当たると、直流電流がつくられます(①)。 この直流電流は複数の配線を通じて接続箱に入り、1つの電気にまとめられます(②)。 接続箱でまとめられた電気はパワーコンディショナに入っていき、家庭内で使用できる交流電流に変換されます(③)。 変換された電気は分電盤を通じて、いったん家庭内の電気として使用され、余った電気が売電メーターを通じて電線へ戻っていきます(余剰買取)。この電線へ戻っていく電気のことを、電力会社へ売る電気という意味で「売電」と呼んでいます。
住宅用太陽光は家庭内でいったん電気が使用されることから、主に電気代の削減を目的として導入されます。
なお、「売電」は国の固定価格買取制度のもと、「買取価格」と「買取期間」が法律で保証されているため、太陽光を安心して導入できるようになっています。

非常用電源としても利用できます

地震や台風などの災害でお家が停電になった場合でも、太陽光発電を設置していれば、電気を使用することができます。専用コンセントに使用したい電化製品を差し込めば、太陽光の発電量の範囲内(最大1500W)で電気を使用することができます。
housingsolar03