太陽光発電のことなら
ヒューマンリンクへ。

まずはお気軽にご相談ください。

■お電話でのお問い合わせ
0120-495-117
電話受付時間は平日10:00~18:00

■ホームページからお問い合わせ

産業用 蓄電システム

産業用蓄電システムのしくみ

産業用蓄電システムはいろいろな方法で活用することができますが、最も一般的な使い方としては、電気代の安い夜間に充電して、電気代の高い昼間に放電するしくみが取られます。この方法を採用することで、深夜の安い電力を昼間に使用することができると共に、電力のピークシフトが可能となります。ピークシフトによりデマンド値が下がれば、年間の電気代を大幅に下げることが可能となります。

image184

導入のメリット

メリット1  ピークシフトで節電!

電気代の安い夜間に充電して、電気代の高い昼間に放電することで、深夜の安い電力を昼間に使用することができると共に、電力のピークシフトが可能となります。ピークシフトによりデマンド値が下がれば、年間の電気代を大幅に下げることが可能となります。

メリット2  産業用蓄電池は住宅用蓄電池と比べて大容量で割安!

産業用蓄電池は住宅用蓄電池と違い、大きな容量が必要となります。弊社では企業や自治体のご要望にお応えするため、大容量(最大100kWh)の蓄電システムを用意しております。また、その導入コストについても、住宅用蓄電池で1kWhあたり30万円が相場となっている中、1/3の10万円を標準価格としてご提案させて頂いております。電気代の削減や事業継続計画としてのBCP(Business continuity planning)として多くの企業様や自治体に採用されておりますので、是非一度検討してみてください。

メリット3  非常時にも電気が使える(太陽光発電との接続も可能)

弊社で取り扱っている産業用蓄電池は、太陽光発電と接続することが可能です。万一の非常時にも、太陽光発電で作った電気を蓄電し、使用することができます。

メリット4  長寿命!

産業用蓄電池では3~5年の短寿命のものが一般的となっておりますが、弊社で取り扱っている産業用蓄電池は、特殊な電池活性化剤を投入することで10年以上の寿命を実現しています。10年保証を付帯した上でご提供させて頂いているため、企業様や自治体様に取られましても、安心してお使いになることができます。